運動後の食事の視点

運動後々は、未だに血液が筋肉に集中やる状態です。従って、内臓への血液が不足し、おなかの機能も衰えている結果消化役目が悪くなってある。

この時に、消化の低い存在や脂肪分の多いこってりした食事は消化不足を誘い出すので注意しましょう。とりわけ強い運動をした後々は、直ちに消化吸収しやすく胃に心労のかからない食べタイプや栄養摂取が良いです。

しかし、運動後は筋肉に栄養を加え筋肉を修復するために、しっかりした食事を含めることが必要です。運動後述遅くとも2時間以内にはきちっとした食事をください。

運動後の食事のポイントは、

①運動後30分以下・・・・・栄養価が激しく消化会得の素晴らしい食べ物を食べる。

②運動後2時間以下・・・・・「オーバー回復」のために、たんぱく質と糖分中心の、栄養バランスの取れた食事をやる。

運動後々から30分以内に摂取するといい存在

・消耗回復に有効なクエン酸を取り込む柑橘類のジュース。(果汁100%オレンジジュースなど)

・アミノ酸入りのスポーツドリンク。

・りんご酢や黒酢を薄めて飲み込む、豆乳にプロテインを混ぜて呑むなど。

・梅干、果物(柑橘類)、お酢 など。

クエン酸は、消耗ファクター物質の乳酸の創出を抑制する働きがあります。アミノ酸は、傷んです筋肉の扶養に役立ちます。

運動後2時間以内の食事で摂取すると良い存在

重要な養分は、たんぱく質、糖分(炭水化物)、ビタミン、ミネラルだ。これらの養分を取り入れたバランスの素晴らしい食事をください。

たんぱく質は、血液や筋肉の根底と至る養分で、傷ついた筋肉の復元に必要です。

糖分(炭水化物)は、消費したバイタリティを補充します。

ビタミンB1、B2は、たんぱく質の分解やバイタリティ代謝を促進します。食品では、豚肉、卵、大豆製品などに含まれます。

ビタミンCはコラーゲンの創出を促し、筋肉や血液、骨を作ります。食品ではレモン、グレープフルーツ、苺、ブロッコリー、ジャガイモなどに含まれます。

ミネラルは五大養分のひとつで、亜鉛、鉄、カルシウム、カリウムなどだ。これがある食品には、魚介類、乳製品、海藻類、豚肉、野菜、果物などがあります。

あさりは、ビタミンB12、鉄分、亜鉛、タウリン、良質のたんぱく質を組み込む優れものです。食品ではアーモンド、ピーナッツなどのナッツ類には、亜鉛が含まれています。

その他の気配り情報としては、食事は早食いせずによく噛んでゆったり食べる地点。体積も胴八分にください。寝ている間の成長ホルモンを活用する結果、安眠時間は数多く取ってください。こちらをクリック